事業概要

エネルギー事業部

世界的な社会情勢の変化や地球規模の環境変化により、エネルギー問題は日々深刻さを増しており、エネルギー販売業者の供給能力がいよいよ問われています。弊社は昭和2年の創業以来、エネルギーの安定供給を第一とし地域経済の発展に貢献してきました。北陸においては同業他社では例のない独自の受注・配送体制を構築し、また事業パートナーの全国配送網を活用することで、全国のお客様に石油製品をお届けしています。

新しいエネルギーへの取り組み

私たちの生活にかかすことのできないエネルギーは、薪から石炭、石炭から石油、石油から天然ガスへと時代とともに変化してきました。さらに、今日では再生可能エネルギーなどのエネルギーの多様化も進んでおります。時代とともに変化するエネルギーに的確に対応し、多様化するニーズを把握し最適なエネルギーを安定的に供給し続けることが当事業部の使命です。

石油・LPガス

お客様に安心して燃料をご使用いただくためには、エネルギーの安定供給が最優先事項です。松村物産グループのネットワークで石油・LPガスの受注からお客様への配送に至るまでのサービス体制を構築しています。

石油・LPG

天然ガス

天然ガスは石油やLPGと同様に化石燃料の一種ではありますが、燃焼したときの二酸化炭素(CO2)の排出量が少なく、また硫黄分などの不純物が混ざっていないため大気汚染の原因となる粒子状物質(PM)や硫黄酸化物(SOx)の排出も抑制されるクリーンなエネルギーです。松村物産グループの物流を担う共進運輸株式会社(金沢市)で天然ガスのタンクローリーを導入するとともに、天然ガスへのエネルギー転換営業を推進しています。

天然ガス

再生可能エネルギー

これまで当社がビジネスの主戦場にしていたのは、ガソリンや重油、LPガスなどのいわゆる“化石燃料”でした。天然ガスもクリーンなエネルギーとはいえ、化石燃料であることに変わりありません。このような状況の中、東日本大震災を契機に再生可能エネルギーへの注目が高まり法整備などが整ったことで、当社も再生可能エネルギーという新たなフィールドにチャレンジし、平成25年4月、石川県宝達志水町に当社初の太陽光発電所を設置しました。今後は、従来からのエネルギーの供給にとどまらず、太陽光発電を含めた再生可能エネルギーの発電事業者となることを目指します。

太陽光発電所について

太陽光発電所

潤滑油

機械の作業効率や耐久性向上に大きく影響するのが潤滑油です。しかし、潤滑油の利用目的や用途は様々であり、数百種類もの潤滑油が存在しています。多種多様な商品の中で、お客様のニーズに合った潤滑油の選定にお悩みではありませんか。お客様の業種・目的に合わせて、潤滑油のスペシャリスト”ENEOSルブマイスター”が最適な潤滑油をご提案いたします。

潤滑油について

潤滑油