採用情報

先輩社員の紹介

打てば響く、そんな営業マンを目指して

建設・設備ソリューション事業部マテリアルグループ
奥原 彰(工学部卒業 2006 年入社)

松村物産はエネルギー、カーライフサポートに加えて、建設・設備ソリューションという大きな事業分野を持っている。その領域は、各種専門工事の設計・施工から資材販売、環境関連商品販売まで多岐にわたる。同部に所属する若手営業マンの奥原は「新人のころは、毎日わからないことだらけでしたね。」と振り返る。打てば響く営業マンを目指して、奥原は今日も営業の第一線に駆け出していく。

先輩社員の紹介

太陽光発電への興味から、松村物産を志望した。

奥原は大学時代、有機化学を専攻していた。周囲の多くが研究者、技術者の道に進む中で、奥原は営業職に就きたいと考えていた。

「外に出て人と出会える仕事がしたかったんです。松村物産を志望したのは、学生時代から興味を持っていた太陽光発電や太陽熱温水システムなどを扱っていたからです。」

入社後、奥原が配属されたのは、建設・設備ソリューション事業部マテリアルグループ。マテリアルグループは樹脂資材の販売や配管工事の施工のほか、太陽光発電・太陽熱温水システムなど環境関連商品の販売を行っており、奥原の希望通りの部署であった。最初の約半年は先輩に同行して仕事を覚え、その後一人で営業に出るようになった。

「初めは、お客様を訪問する時は緊張しましたね。今でも自分が松村物産を代表していると考えると、大きな責任を感じます。毎日、勉強することばかりですが、先輩たちがいろいろと教えてくれるので感謝しています。」

また、太陽熱温水システムは消耗品の交換など定期的なメンテナンスが必要になる。その際、奥原は作業服に着替えて作業を行う。

「学生時代は自分に甘い部分があって、面倒なことは後回しにすることもありましたし、それでもよかった。でも、社会人になったら甘えは許されません。何につけても、すぐに行動することを心がけていました。」

先輩社員の紹介
先輩社員の紹介

責任の大きさをしっかりと自覚し、顧客ニーズに的確・迅速に対応したい。

2年目から、奥原は売上目標の数字を背負うことになった。営業マンとしての本格的なスタートを切ったのである。担当する白山市、小松市周辺の精密機械、自動車、化学関連のメーカーに樹脂資材や配管工事の営業活動を行うと同時に、環境関連商品は工務店や個人からの問い合わせに対応している。

「初めは、目標を達成するために自分が何をすべきなのか全然わかりませんでした。ただ、もがいているって感じでした。」

奥原は自らが目指す営業マン像を“打てば響く営業マン” と表現する。

「“打てば響く”というのは、お客様からの相談や問い合わせに、すぐに役に立つ回答ができるというイメージですね。そして、何かあった時には、すぐに私に連絡してもらえるような関係を築いていきたいと思っています。」

多種多様な顧客のニーズをしっかりと把握し、的確・迅速に対応することで顧客との信頼関係を強めていく。そのために奥原は、自分なりの努力、工夫を続けている。商談時に仕事以外の共通の話題を見つけ出そうとしたり、既存商品の勉強や新商品に関する情報収集に努めている。そして、より提案型の営業スタイルの実践や新規顧客の開拓にも積極的に取り組んでいる。奥原がやらなくてはいけないこと、やりたいことはまだまだある。

先輩社員の紹介
先輩社員の紹介

松村物産は自分のやりたいことにどんどんチャレンジできる会社。

「松村物産は今、新しいことに積極的にチャレンジしている時期だと思います。やりたいことがあれば、提案次第でどんどんやらせてくれる雰囲気を感じています。」

実際、奥原が担当している環境関連商品も、取り扱い商品の幅が広がっている。

「太陽光発電システムや太陽熱温水システムの PRを通じて、お客様に環境問題への関心を持っていただける。そこに大きなやりがいを感じています。将来、燃料電池がもっと普及していけば、ぜひ自分が取り扱ってみたいですね。」

そう言って表情を緩める奥原に、松村物産が求める理想の将来像を尋ねてみた。

「すごいことをする人、というのが私が思い描く理想像ですね。人のやらないこと、できないことを数多く経験しているというか。もちろん、自分もそうなりたいと 思いますね。」

そのためには、何をすべきか?奥原は“打てば響く営業マン” になることと即答した。自分自身の目標に向かい、奥原はしっかりと将来を見据えている。

先輩社員の紹介

就職活動中のみなさんへ

就職活動で大切なのは、失敗してもくよくよせずに次にチャレンジすることだと思います。私自身、面接会場で他の学生と話をしたり、面接官との会話が楽しく感じられるようになってから、いい結果が出てきました。私は今、会社のフットサルチームに入っています。他部署の人ともコミュニケーションを深めることができて楽しいですよ。また、同期とも定期的に飲み会を開いて情報交換をしています。違う部署の同期から仕事の話を聞くと、とても刺激になりますね。私も同期に負けないよう、元気いっぱいに仕事に取り組むつもりです。

先輩社員の紹介