採用情報

先輩社員の紹介

「一人ひとりが仕事をコントロールできる自由がある!」

建設・設備ソリューション事業部 機械設備石川グループ
西田 拓未(2016年入社)

松村物産は、総合商社でいろいろな部署があるため、可能性があると感じました。最終的に入社を決意した理由は、知名度、規模感、安定性です。

建設・設備ソリューション事業部に所属し、空調や電気、給排水設備工事の現場監督をしています。現場で、職人さんたちに指示を出したり、スケジュール管理をし、納期までにお客様に引き渡すことが仕事です。入社当初は、スーツを着て働くと思っていたので、ヘルメットと作業着を渡されたときは正直戸惑いました。しばらくは先輩の補助をし、1年目の終わり頃から一人で現場を任されるようになりました。職人さんたちに指示を出す仕事ですが、職人さんたちは年上の方々で経験値も自分よりずっと上。最初は、きつくお叱りを受けることもありましたが、少しずつ信頼を得て、距離が縮まっていることを肌で感じられたので、自分の自信につながりました。

仕事をしていて楽しいと思うのは、工事が完成したときの達成感。仕事の結果が形に残るのがこの仕事の魅力です。たまにドライブをしながら、自分の携わった建物を見かけると、作っていたときの思い出が蘇ってきます。人と関わることが好きなので、職人さんやお客様など多種多様な方々と深く関わることができるのも楽しみの一つです。

部内では、週に1回、改善ミーティングがあり、作業の効率化や反省、注意事項などの共有を行っています。大学までは、文系出身で建設に関する知識はゼロでしたが、仕事をしていくなかで学んだり、上司が親身になって教えてくれたので、何とか資格を取得することができました。今後は、さらに大規模な建物の工事に携わっていきたいです。

先輩社員の紹介